CBT PLUS

CBT PLUS

“CBT PLUS”はコンピュータを利用して試験や演習を行う、学習支援システムです。
従来の紙主体・手作業での試験や演習に代わり、コンピュータを利用して試験や演習を
行うシステムです。
いつでも、どこでも、何度でも繰り返し学習することで、効果的かつ効率的な学力向上が期待できます。
一般的なコンピュータによる学習支援システムの中で試験、演習を行うものには
「CBT」と「e-Learning」があり、
試験を行うものを 「Computer Based Testing 略してCBT」 と呼び、演習を行うものを「e-Learning」と呼びます。

CBT PLUS

CBT(試験)として活用した場合

従来の試験(主に紙主体)
CBT PLUS 【問題作成】
手動で問題や問題集を作成します。
問題集を印刷、運搬、保管します。
CBT PLUS 【試験実施】
問題集は手動で配布され、手動で回収します。
受講者は手書きで回答します。
CBT PLUS 【採点・集計】
採点・集計・分析を手動で行います。
CBT PLUSの活用による 改善
CBT PLUS 【問題作成/試験実施】
登録済の問題から自動的に問題集を作成します。
問題集の印刷、運搬、保管は必要ありません。
問題集の配布、回収の必要はありません。
受講者はコンピュータ上で回答します。
CBT PLUS 【採点・集計】
コンピュータで自動的に採点、集計、分析を行います。

e-Learning(演習)として活用した場合

従来の試験(主に紙主体)
CBT PLUS 【問題作成】
演習問題の準備、作成を手動で行います。
CBT PLUS 【演習実施】
受講者は手書きで演習します。
CBT PLUSの活用による 改善
CBT PLUS 【問題作成】
登録済の問題から演習用問題を作成します。
利用者は弱点克服や重要項目の演習問題が自動抽出できるので自分にあった学習ができます。
CBT PLUS 【演習実施】
利用者はコンピュータ上で演習します。
いつでも、どこでも、何度でも演習できるので効率的に学習できます。
CBT PLUSのメリット

CBTやe-Learningを利用した場合のメリットは以下の通りです。

  • コストの削減
  • 作業負荷の軽減
  • 学力の向上

ここからは、当社の商品である”CBT PLUS”の特徴を以下に説明します。

低コストで構築・運用が可能
  • 高い保守性を実現
  • 高い教育効果が期待できる
  • 高い操作性を実現
  • 高い汎用性を実現
システムイメージ

システムイメージ

  1. 問題を作成します。システムの問題データベース(DB)に登録します。
    単問登録とMS Wordファイルからの一括登録が可能です。
  2. 問題DBから問題を抽出して問題集を作成します。
    問題を1つずつ選択して問題集に登録する方法とあらかじめ設定した
    抽出条件による自動登録が可能です。
  3. 問題集を利用者に配信します。問題の印刷や配布の手間が省けます。
  4. 利用者が試験を実施します。
  5. 採点、評価、分析を行い、フィードバックを行います。
    自動的に採点を行います。試験結果をレーダーチャート等に表示する事によって学力の状況が視覚的に
    把握できます。
  6. 利用者が演習します。弱点だけを集中的に演習を行うなど多彩な演習が可能です。解説等を参照できます。
    また、各問題の解説を参照することで、不正解分に関する理解を深めることができます。
※ 4~6のサイクルを回すことで、採点・評価・分析・対策等のPDCAに寄与します。また、学力向上につながります。
既に国内で10校以上の大学や企業でお使いいだいております。
また、日本語以外の言語でも運用ができますので、海外でお使いいただくことも可能です。
  1. 問題を作成します。システムの問題データベース(DB)に登録します。
    単問登録とMS Wordファイルからの一括登録が可能です。
  2. 問題DBから問題を抽出して問題集を作成します。
    問題を1つずつ選択して問題集に登録する方法とあらかじめ設定した
    抽出条件による自動登録が可能です。
  3. 問題集を利用者に配信します。問題の印刷や配布の手間が省けます。
  4. 利用者が試験を実施します。
  5. 採点、評価、分析を行い、フィードバックを行います。
    自動的に採点を行います。試験結果をレーダーチャート等に表示する事によって学力の状況が視覚的に
    把握できます。
  6. 利用者が演習します。弱点だけを集中的に演習を行うなど多彩な演習が可能です。解説等を参照できます。
    また、各問題の解説を参照することで、不正解分に関する理解を深めることができます。

※ 4~6のサイクルを回すことで、採点・評価・分析・対策等のPDCAに寄与します。また、学力向上につながります。

既に国内で10校以上の大学や企業でお使いいだいております。
また、日本語以外の言語でも運用ができますので、海外でお使いいただくことも可能です。</div >
お問い合わせ
CBT PLUSに関する疑問点、デモのご希望等は、
下記までお気軽にお問合せください。
TEL: 06-4801-0570
FAX: 06-4801-0571
お問合せこちらのページからお問合せ下さい
CBT PLUSに関する疑問点、デモのご希望等は、下記までお気軽にお問合せください。

TEL :06-4801-0570
FAX :06-4801-0571
お問合せ
こちらのページからお問合せ下さい

株式会社システムトラスト
CBT PLUS担当
大東(おおひがし)宛
登録商標について

下記の他社登録商標・商標をはじめ、当社サイトその他カタログ、マニュアル等
に記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の登録商標または
商標です。なお、本文および図表中では、「TM」、「®」は明記しておりません。

・CBT PLUS は株式会社システムトラストの登録商標です。

・Internet Explorer , Word , Excel , Microsoftのロゴは、米国およびその他の
国におけるMicrosoft Corporation および/またはその関連会社の登録商標また
は商標です。
・CentOSの名称およびそのロゴは、CentOS ltdの登録商標または商標です。

・Mozilla , Firefoxの名称およびそのロゴは、米国Mozilla Foundationの米国
およびその他の国における登録商標または商標です。

Translate »